デザイン依頼

ロゴが完成するまでの流れは?デザイナーが分かりやすく解説

ロゴを依頼したいけど、一体どういう流れで行うのだろう…。

そんなときはデザイナーに直接聞くのも良いですが、事前におおまかな流れを知っていると安心ですよね。

今回はロゴが完成するまでの流れを、デザイナーが分かりやすく解説します!

最初にお伝えしておくと、

  1. ヒアリング
  2. デザイン案の作成
  3. デザイン提案(プレゼンテーション)
  4. デザイン修正
  5. ロゴの決定・納品

という流れで行っています。

では、それぞれ詳しく解説していきますね。

 

①ヒアリング

ヒアリングでは、ロゴ依頼者となる企業・個人の考え方や、製品・サービスをどのように表現したいのか・ターゲットは誰かなどを聞きます。

依頼者がどんなデザインにしたいのか具体的なイメージができていない場合は、デザイナーとイメージを合わせるため、何度も打ち合わせを重ねることが必要です。

ここの打ち合わせを疎かにすると、お互いのイメージにズレが生じ、デザイン提案の段階で大幅な修正をする必要が出てきます。

そうすると、完成までの時間が多くかかってしまうので注意しましょう。

 

②デザイン案の作成

ヒアリングの内容を元に、デザイナーはデザイン案の作成に入ります。

デザイナーが案を出す・デザインする方法としては、主に以下のようなことをやっています。

  • 手書きのラフ案
  • ラフ案を元にデザイン
  • 既存フォントの形を変更
  • 1から文字をデザイン
  • 様々な色のパターンを作る

デザイナーによってデザインの方法は様々ですが、この段階では何十個ものデザイン案を出しています。

より多くの案を出すことで、デザインの偏りをなくし、客観的な視点を見失わないようにするためです。

ラフ案のイメージ。このように手書きで書いています。

 

③デザイン提案(プレゼンテーション)

デザイン案が完成したら、依頼者にデザインの提案を行う段階になります。

②で出した全てのデザインを提案するのではなく、その中から厳選したデザインを提案しているデザイナーがほとんど。

提案数は、3〜5パターン程度が多いと思います。

なぜ、提案数を絞るかと言うと

  • 選択肢が多いと迷いが生じる
  • 迷いが生じた結果、コンセプトからかけ離れてしまう恐れがある

からです。

依頼者は、提案されたデザインに対してイメージと合っているか意見を求められるでしょう。

その際、名刺やチラシ・ポスターなどに配置したデザイン(モックアップ)を見せてもらうことで、イメージが湧きやすくなると思います。

名刺などは、実際にロゴを配置する可能性のあるものです。

それらに配置して見ることで、よりイメージが具体的になり、色・サイズ感の調整などがしやすくなります。

モックアップがデザイナーからの提案になければ、こちらからお願いしてみましょう。

ロゴを配置する予定のもので確認するのがおすすめ。

ポスターや商品のタグなどで確認するのも良いでしょう。

 

④デザインの修正

③で検討を重ね、出てきた意見を元にデザインの修正を行います。

修正を重ねるうちに、③で挙げた

  • コンセプトからかけ離れてしまう恐れがある

ということが起こる可能性があります。

ですので、デザイナーは修正をしつつも、コンセプトからかけ離れないように調整をし、修正案を提案しています。

そのため、依頼者側もコンセプトを意識しながら検討・意見してみることがおすすめです。

お互いコンセプトを意識しつつ意見を出し合えば、1からやり直したり、軌道修正したりする必要がなくなるからです。

 

⑤ロゴの決定・納品

④の修正を何度か繰り返し、デザイナーも依頼者も納得のいくデザインが完成したら、デザイナーからロゴが納品されます。

納品時に渡されるデータ形式については、以下の記事を参考にしてみてください。

初心者でも分かる!ロゴ納品時に渡されるデザインデータの違いみなさんは、こんな経験ありませんか? ロゴ納品時に、いろいろな形式のデータを渡された。 名刺作成時にロゴが必要となり、デ...

そしてデータと一緒に、ロゴを使用する上での注意点や、色・余白の指示サイズ規定など のマニュアルを渡されると思います。

ロゴは、このマニュアルに従って使用しましょう。

 

ロゴが完成するまでの流れ まとめ

  1. ヒアリング
  2. デザイン案の作成
  3. デザイン提案(プレゼンテーション)
  4. デザイン修正
  5. ロゴの決定・納品

ロゴはこのような工程を経て、完成します。

おおまかな流れを知れたら、いざロゴ依頼です!

ロゴ依頼の方法については、以下の記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

ロゴの依頼方法5つ紹介、それぞれのメリット・デメリットを比較会社を設立したときや新しくお店をオープンするときなど、ロゴが必要になることってありますよね。 ロゴは会社・お店の顔のようなもので、...