デザイン作成

デザイン知識不要!オシャレなQRコードを作るWEBサービスと注意点

デザイン知識不要!オシャレなQRコードを作るWEBサービスと注意点

1994年に誕生したQRコードは、従来のバーコードに比べて大容量のデータを格納することができ、なおかつ高速読み取りができるものとして、日本で開発された2次元バーコードです。

当初は製造業や流通業などで、商品・生産管理に使用されていましたが、近年は広告宣伝やチケットに使用されている他、SNSのアカウント情報の取得や、電子マネー決済に利用されたりと、活用の幅は日々広がっています。

今回は、そんなオシャレなQRコードを、デザイン知識がない人でも簡単に作成することができるWebサービスやアプリをご紹介します。

QRコードとは?

QRコードはURLのような英語や数字だけでなく、カナや漢字、制御コードなど、さまざまなものをデータとして扱うことができます。

例えば電話番号をデータ化しておけば、問い合わせ番号に電話をかけることもできますし、特定の言葉を検索させたりすることもできます。

また、大容量のデータを格納できることも大きな特徴です。

その他、QRコード上に汚れや破損があった場合でも、復元することができる誤り訂正機能や、あらゆる角度からでも読み取りを可能にした、コード隅の切り出しシンボルなども特徴のひとつとなっています。

QRコードは簡単に作成可能

QRコードは、制作会社へ依頼しなくても簡単に作成することができます。

中でも最近では、QRコードを使って宣伝広告を行っている企業も多く、少しでも注目されるようにカラフルで可愛くオシャレなQRコードを作り、オンライン受注を増やしている企業もあるほどです。

こうしたQRコードは、どのように作成することができるのでしょうか。

まず作成する時の注意点を説明してから、カラフルで可愛くオシャレなQRコードが作成できて、なおかつ無料で利用できるWebサービスやアプリを紹介しましょう。

QRコード作成時の注意点

オシャレなQRコードを作っても、読み取れなければ意味がありません。

そうならないためにも注意点を押さえておきましょう。

ドットと背景の色のバランス

ドットと背景の色のコントラストが大きければ大きいほど、QRコードの読み取りが容易になります。

そのためQRコードには、コントラストが大きいモノクロが採用されていました。

オシャレだから、可愛いからといって、ドットと背景の色のコントラストがなかったり、同じトーンだったりする場合は、読み取りができない可能性があります。

なるべくコントラストが大きくなるよう色を選択しましょう。

欠損してはいけないシンボルと余白

QRコードの隅にある3箇所の切り出しシンボルは、読み取り時にQRコードの向きを把握するためのものです。

これが欠損してしまうと、読み取りができない可能性があります。

また、QRコードの外周の余白についても読み取りに必要な部分であるため、欠損しないように作成しましょう。

オシャレなQRコードが作成できるWebサービス・アプリ

ここからは、実際にオシャレなQRコードが作成できるWebサービスについてご紹介します。

Unitag

Unitag」というWebサービスでは、URLだけではなく、名刺や電話番号、テキストなど色々な情報のQRコードを作成することができます。

また色やドットの形のカスタマイズや、グラデーションをかけることもできます。

また、QRコード内にロゴやアイコンなどの画像を入れることができるので、会社のPRのためにUnitagで作成する方もいるそうです。

海外サイトのため、英語表記ですが、QRコードのテンプレートもあり、また単語の横に絵が表示されているので、英語が苦手な方でも簡単にQRコードを作成することができます。

Unitag

QRコードオリジナル

名刺や電話番号、テキストなど色々な情報のQRコードを作成することができるWebサービスです。

日本語サイトのため、英語に自信がなくても安心してQRコードを作成することができます。

「ドコモ」や「au・SB」などキャリア別にも対応しているので、アドレス帳や電話帳への登録データを作成したい場合にもおすすめです。

また色をカスタマイズの他に、グラデーションやQRコード内にロゴやアイコンなどの画像を入れることもできます。

QRコードオリジナル

QArt Coder

好きな画像を取り込み、その画像をドット化することができるWebサービスです。

例えば、人物の顔の画像を取り込んだ場合に、顔の画像がドット化され、オリジナル感あふれるQRコードを作成することができます。

QRコードとして作成できるのはURLの情報のみ、またカラー非対応ですが、自分だけのQRコードを作成したい場合はぜひ利用してみては。

QArt Coder

Clipbox QR(アプリ)

iPhoneのアプリになりますが、「Clipbox QR」というiPhone専用のQRコード作成アプリです。

QRコードの背景を無地ではなく画像にできる他、色やドットの形をカスタマイズすることもできます。

背景を画像にするのは、Webサービスではなかなかできないこです。

個人であればプロフィール写真を、また企業であれば企業ロゴを背景にすることで、どのような人や企業の情報なのかが一目瞭然にわかるQRコードを作ることができます。

Clipbox QR

オシャレなQRコードを作ってみよう まとめ

「他人と差別化したい!」とか、「普通のQRコードでは物足りない」と思っている方には、カラフルで可愛くオシャレなQRコードをおすすめします。

今回紹介したQRコードを作成することができるWebサービスやアプリ以外にも、ネットには、たくさんの種類のQRコード作成ツールがあります。

利用規約を確認した上で、ぜひ一度試しに使ってみてはいかがでしょうか。