デザイナー

デザイナーにはどんな仕事があるの?デザイナーの種類について

「グラフィックデザイナー」と「イラストレーター」の違いをご存知ですか?

WEBや印刷物にあまり馴染みのない方にとっては、何がどう違うのかあやふやな状態ではないでしょうか。

どちらもデザイナーだと思っていた、という方もいるかもしれません。

今回は、そんな混同しやすいWEB系・印刷系のデザイナーの違いをご紹介いたします。

はっきりと違いを区別出来るようになることで、今後お仕事を依頼する際に、どの分野のデザイナーにどんなことをお願い出来るのかが分かるようになるはずですよ。

 

①グラフィックデザイナー

主に印刷物をデザインするのが、グラフィックデザイナーです。

雑誌やポスターなどの広告、商品のパッケージなどの印刷物をデザインします。

「グラフィック」という言葉から、グラフィックデザイナーはイラストも描けると思われがちですが、描ける人もいればそうでない人もいます。

印刷物にイラストを使う場合、そのイラストは、事前に依頼者側が用意しておく必要がある場合もあります。

その際にイラストの作成をお願いするのは、グラフィックデザイナーではなくイラストレーターです。

 

②DTPデザイナー

DTPとは、Desk Top Publishingの略で「卓上出版」というとイメージがしやすいでしょう。

書籍や広告などの印刷物の原稿の入力、編集やレイアウトといったデザインから入稿データの作成までを、パソコンで行うのがDTPデザイナーの仕事です。

グラフィックデザイナーと少し似ていますが、DTPデザイナーは専用のソフトやシステムを利用してデザインから印刷前までの作業を担当します。

グラフィックデザイナーは依頼者のイメージを形にしていきます。

しかし、グラフィックデザイナーとDTPデザイナーを混同して使っている企業も少なくはないそうなので注意が必要です。

 

③WEBデザイナー

WEBサイトのデザインをするのが、WEBデザイナーです。

その際、サイトのコンセプトや目的を考慮し、見栄えだけでなくユーザーの使いやすさも重視したものを作ることが求められます。

具体的には、

  • サイトのターゲットユーザー選定
  • サイトの目的を具体化
  • コンテンツの中身を整理し、それに合ったワイヤーフレーム(WEBサイトの設計図)の作成

などをします。

PhotoshopやIllustratorを使ってサイトの見た目をデザインする人ですが、デザインだけでなくコーディングまで(サイトを実際に動くように実装すること)担当するデザイナーもいます。

ちなみに、HTMLやCSSといった言語を用いて実際サイトコーディングしサイトを動くように実装をする人のことをコーダープログラマーと呼びます。

WEBデザイナーには、このコーディングまでできる人もいるのです。

 

④イラストレーター

依頼主の要望に応じたイラストを描くのが、イラストレーターです。

WEBサイトで使われるイラストから、出版物のキャラクターの作成、小説の表紙や挿絵、雑誌、ポスター、カタログなどと多岐にわたります。

どのようなイラストが求められているかを依頼主からヒアリングし、依頼主のイメージに合ったものを描きます。

イラストレーターは、グラフィックデザイナーなどを兼ねる場合もあるようです。

広告代理店や制作会社に所属するイラストレーターもいますが、フリーランスとして働く人が多い職業でもあります。

 

デザイナーの種類について まとめ

デザイナーは文字通り、さまざまなもののデザインをする仕事です。

アーティストが表現する「アート」とは違い、「デザイン」は見る人や使う人がスムーズに分かるものでなくてはなりません。

前述したようにたとえ作っているものが異なったとしても、デザイナーは依頼者の要求に合ったデザインを考案することが求められます。

あなたが依頼者側になり、何かのデザインをオーダーする際は、デザイナーとやりとりをする場面が出てきますので、以下の記事を参考に依頼してみてください。

【参考記事】

デザイナーへの依頼時に注意するポイント6つ「初めてデザインを依頼したいけど、どこまでお願いしていいのか分からない」 「無意識でデザイナーさんに失礼なことをしてしまうかも」 ...
ロゴを依頼するときに、デザイナーに伝えておくと良いこと6個デザイナーにロゴを依頼したいけど、何をどう伝えたら良いのか分からないという人は多いと思います。 もちろんデザイナーからヒアリングも...

また、デザインを依頼する際は、デザイナーがどこまでできるのか、追加で料金はかかるのかまで事前に確認しておくと良いでしょう。